CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
クレーの食卓
クレーの食卓 (JUGEMレビュー »)
新藤 信(日本パウル・クレー協会),林 綾野(日本パウル・クレー協会)
RECOMMEND
RECOMMEND
Peter Doig: Contemporary Artists
Peter Doig: Contemporary Artists (JUGEMレビュー »)
Peter Doig,Adrian Searle,Kitty Scott
MOBILE
qrcode
<< 映画「斬」やっぱ見て良かったな。 | main | 動きある線欲す >>
峰岸達×南伸坊トークショー

週末は峰岸達×南伸坊(ゲスト)トークショーへ。今もじわじわ効いてる良い話盛り沢山。伸坊さんが小さい時からガロの編集長するまでの話やイラストレーションの事などなど。。仕事は依頼主の意向を忖度するの大事なーんて言っといて最後に「実はそれらの事ってほんとに些細な事で、要は絵が良ければそれでいーのよ」っていうドラマチックな話の展開うまい〜。

とにかく自分の描く絵に自信を持つことがとても重要とのこと。で、自信て人から褒められたり、賞をとったりという、評価からの自信は続かない。自分の中で、うそでも「これで良し」って思える事が何より大事だよ。そう思うことは難しいけど、そればっかりは自分でどうにか「工夫して見つけるしかない」と。確かに〜。

果たしてこれで良い!なんて事は誰にもわからないし、時代によっても変わるもの。ならば自分で決めるしかない。安西水丸さんとかいかにも自信に満ちた絵なんだよね。自信のある人はいい仕事してるよな。って話とか。いつもその方法をどうしたら良いか人に聞きまくってたようなきがするけど、やっぱりそれは自分の中で確信もてなきゃ意味ないんだな。。

つげ義春の話も面白かった。実は湯村輝彦さんとかより前に「ねじ式」で既ににヘタウマをやっちゃてるんだよね。旅行記や私小説風なマンガを描いたのもつげさんが初めて。とかとか改めて納得。峰岸先生もあっつい仕事聞けてすごい興奮した〜。おしゃれ長老達のパワーにやられた夜〜☆うちら世代もがんばらねば〜。

| - | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.waka-natsu.com/trackback/995192
トラックバック