CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
クレーの食卓
クレーの食卓 (JUGEMレビュー »)
新藤 信(日本パウル・クレー協会),林 綾野(日本パウル・クレー協会)
RECOMMEND
RECOMMEND
Peter Doig: Contemporary Artists
Peter Doig: Contemporary Artists (JUGEMレビュー »)
Peter Doig,Adrian Searle,Kitty Scott
MOBILE
qrcode
ファースト・マン見た

ファースト・マン見た。偶然こないだ描いたばっかりのアポロ11の船長が主役。。今まで見た中でだんとつ臨場感ある映画だった。一緒にロケットに乗って死ぬかもしれないよ〜ってなるし、月着いたよってなるし。ヒーロー万歳とかと真逆の録り方とか。画面の色や肌触りと見ごたえもばっちし!ゴズリングの演技もとてもよかった。アームストロング船長って実際本当に何にも動揺しない冷静な人だったらしい。なんかでもチャゼル監督ってなんか人間くささとか人間ラブな感じがうっすい印象もってしまうのは私がおばはんだからか。監督世代特有のやつなのかなあ。ララランドもセッションも思った。子供死んだり奥さんと離婚したり。色々あってそれをドラマチックに描く必要もないんだけど、孤独や寂しさ描くにしてももうすこし暖かい何かをついつい味わいたくなってしまう。でも新作でると見ちゃうんだよな〜〜。そんな心の揺れ含めてとりこになっているのかしら。

| 映画 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画 サウルの息子

年末に激推しいてたサウルの息子。すごかったっていう年賀状届く。でしょ。そう。私ずーっと怖そうで見れないと腰が引けてたんだけど、年末に思い切って見たら。すんごい良かったのでおすすめしてたのでした。しかも怖くない。気持ち悪いシーンも無いし怖いのと全然違う。最後救われる。。って思ったのは多分この監督の生理と相性良かったからなのかな。こういう映画作る若い監督いて嬉しい。。ボヘミアンラプソディーもとても素晴らしかったけど。こちらもみんな見たらいいのにな、、。

| 映画 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「ア ゴーストストーリー」

年末にデイキャッチで宮台さんが激推しした映画「ア ゴーストストーリー」見た。「人はどうせ死ぬのに生きてるなんて意味ないじゃんなんで生きてるのよ」っていう思春期的思い。その答えがこの映画にあります。なんて言ってたけども。。みんな無くなっちゃう怖いよ〜的不安が小さい頃から人並みにあるので、亡くなった人のその後の時空を超える壮大な旅を追いかけるように見てそして今につながり、、。すっごい静かな映画なのにえもいわれぬ緊張感がただよってて全然ねむくなんなかったし、じわじわなんでこんな良い気分になっているのかな。まだ整理中。

そしてめくるめく的展開ブームが去年から自分にあったので、その進化系としてもタイミングばっちり。考えるより感じる映画だった。ちょっとおしゃれ寄せな加減が気にならなくもなかったが画面が美しく静かで暖かい。画面の輪郭が角丸になってたのも良かったな。ユジク阿佐ヶ谷で1/26からやるみたいです。話たいっ。

| 映画 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ムーンライト

去年アカデミー賞とってた映画ムーンライト見た。な、なんでしょこのはじめての感じ。

なんかウォンカーウァイとかあの頃の日本の単館映画みたいな静かでおしゃれでちょっとトキメクみたいな感じだった。

その感じで黒人の映画ってめちゃ新しい体験。あと話が、黒人、ゲイ、貧困、お母さん麻薬中毒とかめちゃハードな設定の話なのに、多分そこら辺歩いてるおばちゃんとかも見れる。みんな共鳴出来る普遍的価値観に落とし込んでるのも初めての体験だった。何を撮るかというよりどう撮るかってことの方が重要なのかな。マイアミの街と海の寂しいような甘酸っぱいような変な感じがまだあと引く〜。ララランドよりこっちが好き★

| 映画 | 20:50 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
週末にヒュー

週末はやさぐれたヒュージャックマン二連発dvd鑑賞。

プリズナーズ」ブレラン2049のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。「メッセージ」とかより前に撮ったやつ。超良かった!!ハラハラサスペンス?サイコ風?でもヒューマンドラマ的な。どうなるの?って引き付けられるとストーリー。伏線に次ぐ伏線。とかアメリカの闇。人間の本質?とか色々理由はつけられようが。これはないでしょとか突っ込みどころだってあるけど。なんつーか全体を漂うムードが理屈と関係なくぐっとくる映画だった。ジーンとして見応えある。この監督やっぱ好きなのかも。。ヒュージャックマンが予想以上にやさぐれてったり、Jギレンホールも繊細演技超よかった。

もう一個「ローガン」超哀愁ヒーロー映画。ヒーローの泣ける晩年。なんつーか、時代劇?西部劇?的でそりゃあ泣くっしょってエンタメしかけ満載。それにわかっててもぐーっと酔いしれる良い映画だった〜。ヒューのスターパワーに魅せられる週末。

| 映画 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「smoke」

師走の最中にどうしても見たくて恵比寿に映画「smoke」見に行く。初めて見た時はまだ田舎女児でNYのおじさんのタバコ吸うとこ、紙袋投げるとこ、なにげないことでもひたすらかっこいいなあっと思った記憶しか無いけど、改めて今見ると、なんともしっとりとした大人映画だった。ちょっと気恥ずかしいような。。もうこれは好き嫌いとかじゃなくて90年代のあの感じ、ハーベイカイテルの安定感。もうおふくろの味なのだなと。という色々ひっくるめて見れてよかった。

| 映画 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダラホン監督って

今回Sキング原作でフランク・ダラボン監督の映画をこないだ3つまとめて見た時思ったこと。

ショーシャンクの空に、グリーンマイル、ミスト。全体感とかそんなにタイプな映画ではない。ショーシャンクやグリーンマイルとか感動で泣けるとかっていうけど、内容ピンと来なくて。でも以前見た時なんか好きなところもあって何度もみた記憶があって。なんでかなーって思ってたら、多分、そこに出てくる、めっちゃ性格の悪い警官とか、ホモの受刑者とか、奇人変人悪人がとっても秀逸に描かれていたからかも。絵のSロックウェルとかDハッチソンとか完璧な奇人ぷり。本筋と直接関係なくても彼らの言動をこれでもかってくらいにねちっこく描かれているシーンが何気にちりばめられてる。でもそこがすごい映画を豊にしている気がする。グリーンマイルのあのでっかい黒人の人とかショーシャンク主役にTロビンスの清らかさとかがそのおかげで輝いてるのでは感じた。苦手といわずなんでも吸収するのって思わぬ発見と出会いがあるので大事と思ったこと。絵を描く上でも大事だったり。今更、当たり前な事かもだけど改めて体感できてよかった。

| 映画 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スティーブンキング映画見る

土曜のSキング語ろう会にそなえて、見てないやつ見返すやつ含め4作品一気に見る。

「ミザリー」監督:ロブ・ライナー

「ゴールデンボーイ」監督:ブライアン・シンガー

「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」「ミスト」監督:フランク・ダラボン

どれもいい映画だった。以前見た痩せゆく男、バトルランナーはかなり酷いB級映画だったけど、この4作品は上質。原作者一緒なのに、いかに映画監督によって生まれ変わるのかわかった。

そして通してみると、やっぱりSキング映画、あんまり好みではないかも。悪い奴がでてくるとそれを基本やっつける。っていう外人ぽい概念があんま得意じゃないかも。やっつけないといけないのかもしれないけど、和解の方向が好き。悪がお化けとかだった場合なんかも、外人はやっつけるけど、日本人は奉る。成仏させるって解決方法するってなんかで聞いたけど、確かにそっちのほうが好きかも。この絵はショーシャンクの空にのビールのシーン。刑務所の受刑者達が色々あってたまたま昼からビールが飲めたってとこ。このシーン好き。忘れてたけど10年以上前も全く同じ事言ってたらしい。成長ないな〜〜。

| 映画 | 12:36 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
バードマンおもろーー

アカデミー賞映画「バードマン」見た。おもろかったーー。
うわさ通りほんとに1カットでほぼ2時間て。魔法にかかった感覚。
見終わった後ちょっとアトラクション出た後に似てるかも。
一緒に見た父は面白かったけど内容甘い。と上から目線発言。
ストーリーやカラクリ、人間ドラマをつきつめて描きだすってことと、
この魔法のおとぎ話的世界でうっとりすることと
両立する必要があるのかないのか私にはわからん。。
かつてバードマンてヒーロー映画で人気者だったけど、
今は落ちぶれたしょぼい中年、でもがんばるーーみたいなのが
最高にぴったりだったMキートン。80%キートンのアップを
見続けるはめになるけど全然やじゃなくて見応えたっぷし。
Eノートンも黙って立ってればヤッピーの代表みたいな一般ピープル顔なのに
めっちゃ変態うまうま。最近へんな人の役ばっかな気も。
他の役者も音楽も画面の色も綺麗だったな〜。
つっこみ所や支離滅裂箇所あるも、
他の貯金でかいのでトータル満足感あったーー。
アカデミー主演とれなくて、いそいでスピーチ紙ぽっけにもどす図とかも
切な素敵。
| 映画 | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Magic In The Moonlight

こないだウディアレン新作「Magic In The Moonlight」見た〜。
良かった〜。ラブコメってラブ部分がすごいと無理なんだけど
今回いけるいける。エマストーンかわいい!着てた服とかも
全かわ!私も激やせしたらあんなの着たいわ〜。
脇役も絶妙のきもちわるいけど愛嬌ある人ばっかでたまらん。

ウディはもう映画のマイルールみたいのあってシチュエーションと
役者を入れかえていくらでも作れちゃうんだろうなあ〜。
複雑なからくりもないし、過激映像でもないのになんで毎回飽きずに
わくわく見れるのだろうか。。このこと自体が手品みたいだ〜〜。
| 映画 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>